初めての賃貸暮らしでは無理をして綺麗なマンションを選んでしまいがちですが、家賃は抑えるほうが無難です。

賃貸の空き室率の為にリフォーム

初めての賃貸暮らしでしがちな失敗

賃貸の空き室率の為にリフォーム
初めて賃貸暮らしをする人は、新しくて綺麗なマンションに住みたがる傾向があります。一人暮らしに強い期待を抱いているので、みすぼらしくて古いアパートなんて嫌、となるでしょう。私もそうでしたので気持ちはとてもよく分かります。しかし新しくて綺麗なマンションは、家賃も高いです。食費や遊びを切り詰めたらなんとかなる、と安易に決めてしまったら後悔するかもしれません。私がまさにそうでした。手取り18万円の時に家賃8万円の賃貸を借り、結局アルバイトをする羽目になりました。せっかく念願の一人暮らしを始めたのに遊びを切り詰めるのは結構辛いものです。背伸びせず、相応の家賃のところを借りることをお勧めします。

一般的に、家賃は手取り額の3分の1までに抑えるべき、と言われています。私の場合、18万円の手取りでしたから6万円以内に抑えなければなりませんでした。それなのに8万円の賃貸に住んだのですから、生活が苦しくなって当然でした。他に光熱費も必要ですし、今まで実家で暮らしていた時にはお金を出すことのなかった洗剤やトイレットペーパーなども自分で買わなくてはなりません。それを考えると手取りの3分の1以下が妥当です。収入が増えたらもっと良い賃貸に住もうと考えたら、働き甲斐も出てくるというものです。

Copyright (C)2017賃貸の空き室率の為にリフォーム.All rights reserved.