新社会人になって、初めて賃貸暮らしをする人も多いことでしょう。一人ならワンルームがおすすめです。

賃貸の空き室率の為にリフォーム

新社会人として賃貸暮らしを始める人へ

賃貸の空き室率の為にリフォーム
新社会人として初めて賃貸暮らしをする人は、きっと期待に胸を膨らませていることでしょう。私は一人暮らしの経験はありませんが、一度はしてみたかったと思います。誰にも干渉されず、自分だけの空間を持てるなんて夢のようです。たとえ賃貸でも、借りている間は自分の城です。誰にも邪魔されることはありません。部屋探しをする時はまず住みたいエリアを決めることになりますが、職場からは近すぎず遠すぎずが良いと思います。あまり近いと有給を取った日にも会社の人と会う可能性がありますし、遠いと通勤が大変です。通勤時間30分くらいが一番良いのではないでしょうか。

次に肝心の部屋ですが、広いほど当然家賃は高くなります。一人暮らしならワンルームで充分だと思います。但し自炊したいという人は、1DKが良いかもしれません。単身者用の賃貸の中でも特にワンルームは自炊ができるようなキッチンではないことが多いからです。ワンルームよりは家賃が高くなるでしょうが、自炊中心なら食費は抑えられるでしょうからバランスが取れるのではないでしょうか。一人暮らしならどうしても留守がちになりますので宅配ボックスのある物件をお勧めします。新しい賃貸には導入されていることが多いです。

Copyright (C)2017賃貸の空き室率の為にリフォーム.All rights reserved.