賃貸物件での悩みのひとつは収納ですが、押入れをクローゼットに変身させてお部屋を広く快適に使ってみませんか。

賃貸の空き室率の為にリフォーム

押入れを上手に使った収納で快適な賃貸生活

賃貸の空き室率の為にリフォーム
夫の転勤で引越しが多く賃貸物件で暮らすという人も多いと思います。毎回希望に合った物件探しは大変ですね。おそらく今後の引越しを踏まえて、家具は少なめにされているのではないでしょうか。新しい部屋に収納スペースが多いといいのですがなかなか希望通りにはいかないものです。

特にクローゼットがない物件の場合、新たに収納家具を購入すると出費も増えますし部屋も狭くなってしまいます。既存の設備を上手に利用して、広く快適に過ごしたいものです。そんな時は、押入れを活用してクローゼット代わりにしてしまいましょう。

用意するのは、太めの突っ張り棒5本です。耐荷重量の大きいものを選んでください。まず両端に1本づつ、そして真ん中にも1本、縦に設置します。そして今度は上部に2本、立てかけた突っ張り棒を支えにするように横に設置します。すると、かなりの洋服がかけられるようになります。コートなどの丈の長いものは、ハンガーを2本使って短くするとシワになりません。押し入れの下段には、プラスチックの3〜4段の引き出しを使用すると、押入れ全体が収納スペースになります。これで押し入れがクローゼットに変身です。自分流の工夫とひと手間で、快適な賃貸生活を過ごしましょう。

Copyright (C)2017賃貸の空き室率の為にリフォーム.All rights reserved.