賃貸物件は表示されている家賃のままではなく家賃交渉をするべきです。交渉可能な物件は探せば沢山あります。

賃貸の空き室率の為にリフォーム

賃貸物件は家賃交渉をしよう

賃貸の空き室率の為にリフォーム
賃貸物件の家賃は少しでも安ければ嬉しいものですが、それ以上にコストパフォーマンスが大切だと言えるでしょう。例え家賃が高くてもコストパフォーマンスが良ければ満足度は高いでしょう。しかし、やっぱり家賃がネックになるというのであれば、思い切って家賃交渉をしてみることも良いかもしれません。案外すんなりと値引きをしてくれる物件があるかもしれません。聞いてみて現状維持ということはあっても決して高くなることはないのですから、家賃交渉をしてみる価値はあります。

家賃交渉にはコツがあります。基本的に建てられてから年数が経過している物件ほど家賃交渉はしやすくなります。判断基準は築年数が10年以上といったところです。ここが境目となって、築年数が経っていればいるほど交渉はしやすくなります。また、駅やバス停から遠いということも家賃交渉が出来る材料となり、値引きしてもらえる可能性があります。徒歩10分を超えるものに関しては遠慮なく交渉をするべきですし、不動産業者も自信を持って値下げをしないという理由はないでしょう。また、本当に誰が見ても良い物件でコストパフォーマンスも高いと判断できる物件は家賃交渉は出来ないものと考えた方が無難です。

Copyright (C)2017賃貸の空き室率の為にリフォーム.All rights reserved.